テレビCM.jp

日々の生活の中で最も接触率の高いテレビは、万人に対して幅広い情報伝達力を持っています。
テレビCMで費用対効果の高い広告展開を是非ご検討ください。

フリーダイヤル:0120-189-559
東京:03-5795-0909 / 名古屋:052-955-4900 / 仙台:022-217-8080

テレビCMの種類

テレビCMは基本として「タイムCM」と「スポットCM」の2つに大別されます。
他に、スタジオでCMを生放送する「生CM」または「生コマ」や番組の中に広告したい商品がさりげなく登場するプロダクト・プレイスメントと呼ばれる手法などがあります。

番組提供(タイムCM)

番組本編に付帯し、番組を提供する形態で放送される形態です。

①提供クレジット
テレビ番組の提供を行った場合、その提供スポンサーには提供クレジットが付きます(「この番組は○○○○の提供でお送りします」)。社名はもとより昨今では商品名での表示も可能なため、それらの認知促進に大きなメリットとなっています。

②予告性の支援
テレビCMは通常、視聴者には次に何の広告が出てくるのかが分りません。しかし安定継続した番組提供においては、ここに若干の予告性が加わります。
たとえば、完全1社提供の場合、更には、当該時間枠を長期にわたり提供した場合などには、提供番組の広告に提供社の広告が出てくることが、無意識のうちにも視聴者に自然に認識されるようになってきます。
提供表示に加え、そういった習慣性まで構築した場合、番組提供による広告露出には、若干の予告性的な支援が付加される分だけ、訴求力が増すことが多いです。

③ターゲットの絞り込み
番組はその内容や放送される時間帯によって視聴者層(性別・年齢)の構成が大きく異なります。狙うべきターゲットが多く存在する番組を提供できれば、一般にはスポットCMよりターゲット効率は良くなります。

【活用例】
①番組との連動性・関連性による親近感・プレミアム感の創出
②長期間露出での企業・商品イメージの醸成

スポットCM

番組と番組の間に放送されるCMと、番組提供CM(タイムCM)とは別に番組の中で放送されるCMです。放送する期間・時間・回数を発注単位で個別に設定することが可能で、使い勝手の良い広告です。

①適宜自由な対応が可能
スポットCMは、CM投入時期や投入エリアをその都度自由に決定できるため、マーケティング計画に則して最適なエリア加重や期間加重、逆に休みの期間といったスケジュール調整を自在にコントロールすることが可能です。
しかしその分、毎度個別にプランニングと買い付けを実施し管理しなくてはならないので、その分だけ業務負担も多く、また、市況の人気引き合いの状況によっては、例えば、「プランニングした通りに買い付けができない」といったことが起こることがあります。

②グロス運用管理が基本
スポットCMにおける視聴者獲得は、複数の時間帯ゾーン、複数の曜日を巧みに組み合わせる「グロス」コントロールで、最適な出稿形態を模索していきます。ここに、ある特定の曜日時間帯の「個別一本買い」である番組提供との根本的な違いがあります。

【活用例】
①ターゲットに合わせ決まった曜日・時間に定期的に放送する「レギュラースポットCM」
②オープンやイベント、セール等の告知及び集客目的の「短期集中スポットCM」

   

スポットCMの基本的な露出パターン

スポットCMを実施する場合、買い付け作業に入る際にターゲットを最も効率良く獲得していける露出パターン(曜日時間帯の投下バランス/絵柄)を選定するのが一般的です。
 

 
7パターン

ページトップ