テレビCM.jp

日々の生活の中で最も接触率の高いテレビは、万人に対して幅広い情報伝達力を持っています。
テレビCMで費用対効果の高い広告展開を是非ご検討ください。

フリーダイヤル:0120-189-559
東京:03-5795-0909 / 名古屋:052-955-4900 / 仙台:022-217-8080

テレビCMの特徴

発信した広告情報が視聴者に接触されたかどうかという「接触率=Rating」で評価した場合、テレビは広告媒体の中で最も到達効率の良い媒体です。訴求したいターゲットを中心に、広告内容を同時に多くの人に訴求できるテレビは、情報伝達のスピードとカバーする面積の広さで、優位性の高い媒体です。

媒体の特性

①即効性
市場での認知・理解を急速に上げたい新製品の発売時や店舗・施設の新規オープン時、ブランドイメージを広く早く浸透させたい時などに、テレビの持つ即効性を活用しての広告展開は有効です。
 

②親近性
テレビは余暇活動の中で、常に上位を占めています。ほぼ100%の普及率をベースに、ファミリー視聴、パーソナル視聴ともに、子供から大人まで楽しめる媒体として、万人に対して幅広い情報伝達力を備えています。
 

③説得性
視覚(映像)と聴覚(音声)の双方向から、商品やサービスの特徴を具体的かつ印象的に訴求できます。動画ならではのリアルな訴求、サウンドなどによるイメージ支援は、テレビ独特の説得力を生み出します。
 

④信頼性
新聞・雑誌同様に、放送広告基準をクリアした、信頼性の高い情報が送りだされているという視聴者の基本的な信用を確立しています。
 

テレビCMの視聴者層

テレビCMを実施する上で想定されている最も一般的な視聴者層区分と各層の特徴的傾向は以下の通りです。広告を最も効果的なものにするためには、告知する商品やサービスのターゲットを明確にし、狙った層に確実に到達させることが肝要です。
 

①C層:男女(4歳~12歳)
アニメ番組の人気が高く、「戦隊モノ」「サザエさん」「ドラえもん」など長寿番組として人気を持続しています。また、19時台のクイズ番組やバラエティ番組にも興味を示します。
 

②T層:男女(13歳~19歳)
音楽番組、お笑いタレントによるバラエティ番組、若者向けドラマ番組、芸能色の強めの番組などに人気があるのが特徴です。また近年は一定の層でアニメが好まれる傾向があります。
 

③M1層:男性(20歳~34歳)
21時以降の時間帯を中心に、バラエティ番組、スポーツ番組(スポーツニュースを含む)を好む傾向があります。
 

④F1層:女性(20歳~34歳)
音楽番組、ドラマを中心に、生活に役立つ情報系のバラエティ番組やクイズ番組などの人気も高いです。
  

③M2層:男性(35歳~49歳)
プロ野球、ゴルフなどスポーツ番組の人気が高いですが、ニュース番組、映画なども好む傾向があります。
 

③F2層:女性(35歳~49歳)
ドラマ、朝のワイドショー、クイズバラエティなど、比較的いろいろなジャンルを視聴する傾向があります。
 

③M3層:男性(50歳~)
プロ野球やサッカーなどのスポーツ観戦、時代劇、ニュース番組、早朝の情報番組・ニュースなどが人気です。
 

③F3層:女性(50歳~)
ワイドショー、ドラマ、時代劇、ニュース番組など深夜帯を除いた視聴傾向があります。
 

ページトップ